脱毛の種類【針脱毛】

『脱毛の種類【針脱毛】』

かつては脱毛といえば、この針脱毛だけでした。ニードル脱毛や電気針脱毛などの呼び名もあります。

原理は至ってシンプルです。「ニードル」と呼ばれる細い金属棒を手作業で毛穴一つ一つに当てていく方法です。

金属棒の先端では高熱を持つようになっています。これで毛根や毛母細胞を焼き、発毛機能をなくしていくのです。

エステサロンでも、医療機関でも、両方で行われていました。ただし、ニードルの形状はやや違います。また、医療機関の場合のみ、痛み軽減のための麻酔が使えます。

今は医療機関であれば多くがレーザー脱毛、エステサロンであれば光脱毛に移行してしました。

その理由としては、まず、担当者に熟練の技能が必要なこと。毛穴のサイズに合わせた細かい作業です。だれでもができるようなものではないのです。作業時間もかなりかかります。

これらのことから、料金も高くなってしまいます。

また、痛みが強く、途中で断念するような人も多かったのも理由に挙げていいでしょう。

が、今でも医療機関、エステサロンとも一部で採用し続けているようなところがあります。ほかにないメリットがあって、捨てがたいようなのです。

そのメリットとは、まず、脱毛効果が絶大なこと。もちろん、「永久脱毛」です。また、毛穴単位ですので、細かい細工が利きます。男性のヒゲ脱毛のように、わざと毛穴の一部の発毛機能を残すような場合に向いています。

エステサロンの中には、最初に光脱毛を使い、処理しきれなかった部分だけ針脱毛にする、といった使い分けをしているようなところもあります。


Copyright(C) 2012 わき脱毛のイロハ All Rights Reserved.