ワキの黒ずみの原因

『ワキの黒ずみの原因』

ワキにはムダ毛が生えていないようにしたいのはもちろんのことです。が、それだけではなく、すべすべのお肌にもしておきたいですよね。

いくらムダ毛がなくても、毛穴のポツポツが目立ったり、お肌が荒れているようでは、はやりふと人目に触れた時に恥ずかしい思いをします。

特に黒ずみは致命傷でしょう。もともと汗を書きやすく不衛生になりがちな部位です。黒ずみができているようでは、「不潔な女」とみられること必定です。

この黒ずみの正体は何でしょうか。また、一体どうしてできるのでしょうか。

この黒ずみの正体は多くの場合、メラニン色素です。日焼けや、シミ・ソバカスと一緒です。もちろん、この場合は紫外線が原因ではありません。

特にカミソリのダメージから来ていることが多いでしょう。カミソリではムダ毛を根本から切っているように思っているでしょう。が、同時にお肌の表面で保護バリア役をやっている角質層も削りとっています。このため、ちょっとした刺激もお肌を直撃します。

それで、メラニン色素を発生させる細胞が活性化し、必要もないメラニン色素を作ってしまうのです。

これはカミソリではなく、電気シェーバーでも同じことです。

カミソリなどを使っている以上、完全に防ぐ方法はありません。いくらかでも防ぐのならば、クリーム類を上手に使い、そり終わったあとはしっかりと保湿ケアをすることでしょう。

もちろん、不潔にしていけません。汗をかいたらこまめにとぬぐい、入浴の際もていねいに洗う必要があるでしょう。

また、カミソリではなく、脱毛クリームを使うことで回避できる人もいます。が、体質に合わないと、肌荒れの元になります。


Copyright(C) 2012 わき脱毛のイロハ All Rights Reserved.