脱毛の種類【光脱毛】

『脱毛の種類【光脱毛】』

エステサロンや脱毛エステの多くが採用しているのが、この光脱毛です。フラッシュ脱毛、IPL脱毛、ヨーロピアン脱毛などなど様々な別名があります。

採用しているエステサロンの側では、これらの別名を使って、「ほかにはない独自の方法です」などと宣伝していることも多いようです。が、「針脱毛でないのならば、あとはすべて光脱毛の一種」と考えていいでしょう。

原理は医療機関で採用しているレーザー脱毛とそうは変わりません。

皮膚の上から光を照射。表面をすり抜けさせ、メラニン色素を焼いてしまう。メラニン色素は毛母細胞や毛根にたくさん含まれているので、これらももろとも焼けてしまい、発毛機能がなくなる……というものです。

違いはといえば使う光の種類です。レーザー脱毛の場合、機器は医療用に開発されたもので、最初から必要な種類の光だけを発生させることができます。

が、光脱毛の機器の場合、最も一般的な光源はキセノンランプです。これはカメラのフラッシュに使っているのと同じです。太陽光に近く、様々な波長の光を含んでいます。

このまま当てると、皮膚にダメージを与えますので、フィルターを使い、必要な波長のものだけ通してから、皮膚に当てます。

このため、レーザー脱毛ほどの効力は発揮しません。レーザー脱毛が生涯にわたってムダ毛の生えてこない「永久脱毛」であるのに対し、光脱毛では数年後には再生する可能性もあります。

ただし、お肌への負担が少ない、費用が安くて済む、機器の担当者に特別な技能が必要ではない、といった理由から、今では最も当たり前に見られる脱毛方法になっています。


Copyright(C) 2012 わき脱毛のイロハ All Rights Reserved.